信頼できるクラウドストレージと
安全なファイル共有で社内・外での
共同作業と業務効率化を実現
ビジネス(チーム)に必要なものをすべて1か所に

Dropboxについて知りたい方はこちら
導入事例について知りたい方はこちら
カタログはこちら

\無料ウェビナー開催/

  ★6/12開催 申し込み受付中★
ファイルサーバーから移行を検討中の方必見

昨今、ファイルサーバのクラウド化が急速に進展しています。数多くのクラウドストレージサービスの中で、なぜDropboxが多くの企業に選ばれているのでしょうか。

本セミナーでは、その理由を詳しく解説するとともに、Dropboxの活用による業務負荷の低減や高度なセキュリティ対策など、多くのメリットについてご紹介します。

さらに、Dropboxを導入して実際に業務効率化を実現した企業の具体的な事例もご紹介し、導入のプロセスや効果について具体的にお伝えします。

SERVICE

Dropbox
ユーザ数7億人以上、60万以上の企業・組織で利用される
世界最大級のクラウドストレージサービス


Dropboxは、ファイルをクラウド上のストレージに保存・同期し、安全に共有するためのサービスです。
ファイルは場所やデバイスを問わず、どこからでもアクセスすることができます。
企業にとって必要なセキュリティを保ちながら、チームの生産性と管理性を両立することができます。
コンテンツが分散し、集中力が頻繁に阻害され、なかなか仕事が進まない。
そんな悩みを解消できる、もっとスマートな働き方があります。
Dropbox は、情報を整理して社内外の協働メンバーと安全に連携できる働き方を実現します。

主な機能
簡単かつシンプルで
ストレスフリーなファイル共有

Dropbox なら、リアルタイムで簡単かつ安全にファイルを共有できます。クラウドストレージ内にあるファイルのリンク共有や、共有ファイルの閲覧権限や編集権限の管理がすべて 1 か所で完結します。
あらゆるファイルや
フォルダを保存

写真や動画から大容量の CAD ファイルや PowerPoint プレゼンテーションまで、保存するファイルやフォルダがどんな形式であったとしても、Dropbox にデータを安全に保存できます。また、多くのアプリケーションに対応した「プレビュー機能」で簡単にファイルの内容を確認することが可能です。
簡単で速い
Dropbox のファイル同期

パソコンの Dropbox フォルダにファイルを保存すると、モバイル デバイスと自動的に同期されます。クラウド ファイルの同期は、Windows や Mac から、Dropbox アプリを使用した iPhone、iPad、Android などのモバイル機器まで、複数のデバイスやプラットフォームに対応しています。
安心のバックアップと復元

誤ってファイルを削除しても、意図せず上書きしてしまっても、心配することはありません。Dropbox では削除されたファイルやフォルダのコピーがクラウド上に保存されます。過去のバージョンが複数保存されているので、簡単に復元できます。

 

 

Dropbox でできること
~基本機能のご紹介~

00:00~ クラウドストレージでできること、Dropbox基本機能のご紹介
02:33~ 業務効率化につながる活用方法
02:54~ 複合機を含む、ハード製品とのセット利用について
05:20~ 社外とのセキュアなファイル共有としての活用方法
07:37~ NASやファイルサーバーのクラウド化について
09:34~ その他のツールのご紹介(ペーパーレス、電子署名連携)

SOLUTION

ビジネス向けDropboxは
以下のような企業の抱える課題の解決にお応えしています

ファイルサーバーの代替や補完

これまで活用してきたオンプレミスのファイルサーバーには、ハードウェアの設置に起因する物理的な制約や更改や増設に関するコスト要因が常にあるだけでなく、IT担当者にとっては運用負荷が軽減できずに新しい技術の習得や変革のための取り組みを推進することができない、といった課題があります。ファイルサーバーをDropboxに置き換えたり、一部を保管することで、物理的な制約に関する課題は解消され、バックアップなどのデータ保全に関する運用負荷は大幅に削減することが可能となります。エンドユーザーにとっては「クラウドであることを意識させない」操作性を提供しますので、クラウド導入や利用促進のための特別なトレーニングの実施の必要性も低く、時間とコストを節約できます。


メール添付での情報共有からの脱却
「脱PPAP」

これまで長い時間をかけて定着してきた「圧縮(暗号化)したファイルをメールに添付して送付し、別のメールでその解凍キーを送付する」という一連の運用ルールからいよいよ卒業するチャンスです。Dropboxには、その目的に合わせて、安全で最適なファイル共有や収集、大容量ファイルの転送手段が用意されています。メールサーバーの負担を増やすことなく、社内の情報管理ポリシーに外れることなく、社内外の目的に合わせて仕事用のコンテンツを必要な相手と共有することができます。

社内外の関係者との安全な共同作業を促進

仕事に必要なすべてのものを直感的に整理して簡単に見つけることができ、社内のチームメンバーや外部協業パートナーと安全に共有することができれば、チームのコラボレーションはスムーズに進みます。Dropboxをクラウドストレージとしてだけでなく、チームの一元的なコンテンツハブ、ドキュメント共有のための 1 つの場所として集約すると、Dropboxは「コンテンツコラボレーションプラットフォーム」として機能します。Dropboxデスクトップアプリを使用すると、ファイル、ツール、チームメンバーをまとめられるようになり、チーム全体として効率よく、効果的に共同作業を進めることができます。さらに、Dropbox Paperを使って、議事録やTo-doリスト、各種コンテンツへのリンクを1か所に整理することで、チームメンバー全員で常に最新情報を共有できるようになります。

BCPやランサムウェア対策のデータ保護策

ビジネスの継続性に最重要なのは「データ」と言えます。Dropboxには安心できるバックアップ体制が整っています。ファイルやフォルダ全体、膨大な写真、大容量動画など、企業にとって重要なデータを自動的にバックアップし、安全に保管して簡単に復元することができます。万が一、自社のハードウェアに問題が発生し、データを失ってしまったとしても、Dropboxのクラウドストレージなら失ったファイルを簡単に復元できます。また、ユーザーの誤操作が原因でファイルを上書きしてしまったり、削除してしまった場合にも、元のファイルを取り戻したり、正しいバージョンに戻すことができますので、安心です。データを素早く取り戻して、迅速にビジネスを再開させましょう。
CASE STUDIES

Dropboxのビジネス利用のヒントが満載の導入事例

Dropboxは、組織の規模を問わず様々な業種の企業でご採用いただいています。
「ユーザーにとっての使いやすさ」「データ保護の安心感」「同期スピード」「外部共有機能」「管理者向け機能」など、
多様な観点から評価されています。(各ページは、Dropbox社のページにリンクしています)
DOWNLOAD

ホワイトペーパーダウンロード

ファイルサーバーの代替・補完として、クラウドストレージを活用するメリットとは?
働き方改革や業務の効率化、デジタル変革を目指す企業様向けのDropbox検討のための資料コーナー。
REASON

Dropboxが選ばれる理由

チームの共同作業に必要なものを1か所に。
誰でも簡単に扱える操作性で、安心してファイルを保管し、安全に共有するというクラウドストレージの基本機能に加えて、
「単なるクラウドストレージを超えた」豊富なツールをDropboxに集約して社内外の共同作業と業務効率化を支援します。

”クラウドを意識させない”
わかりやすく自然な操作性

クラウド利用のための
特別なトレーニングは不要です

同期スピードと安定性

独自技術を組み合わせた
効率的で高速なファイル同期で
安心して最新版を操作できます

高度なセキュリティ

業界最高レベルの暗号化、自動バックアップ、2段階認証により、すべてのデバイスでコンテンツを確実に保護できます

いつでもアクセス可能

必要なときにいつでもどこからでも
デスクトップ、モバイル、ウェブなど
様々な方法でコンテンツにアクセスできます

社内外を問わず
安全な共同作業

社内外の組織を問わず
簡単な操作でコンテンツの
共有や共同編集が可能です

チームに必要なものを
すべて1か所に

「仕事のための仕事」を減らし
重要な業務を集中して効率よく進められる
様々なツールが集約されています
NEWS

Dropoxお役立ち記事

Q&A

Dropboxに関するよくあるご質問

Dropboxと、個人向けのDropboxとの違いとは?

主に以下の3点です。

 

01.容量をチームで共有

02.管理機能の提供(遠隔削除やログなど)

03.アカウントの引き継ぎ可能

他社とファイル共有をする場合、先方もDropboxのアカウントが必要ですか?

共有の方法によってアカウントの要・不要が異なります。

 

01.ファイルをリンクで共有→アカウントは不要。共有された相手は自分のPCに保存することができます。

02.フォルダを共有→先方もDropboxのアカウントが必要です。

03.ファイル提出用のリンクを共有(ファイルリクエスト)→アカウントは不要。リクエストを受けた相手は自分のPC上のファイルをアップロードすることができます。

 

海外での利用はできますか?

はい、利用可能です。

 

ただし、キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、シリアを含む、米国により通商禁止の対象になっている国では利用することができません。

また、中国での利用に関しても中国政府の検閲対象サービスになっているため利用できません。

 

Cloud Service Concierge
Dropboxのご導入、ご提案はCloud Service Conciergeにお任せください。

専門スタッフがご対応いたします
Cloud Service Concierge では、専門スタッフによる全てのDropbox製品とそのライセンスのご提案が可能です。専門スタッフが、ボリュームディスカウントの適用、お客様の環境に合わせた最適なDropbox製品、ライセンスに関するご相談にお答えします。
SaaS業界に精通した専門家が
職種・業務にマッチしたツールを提案
市場にある数多くのSaaS の中から、貴社の課題や職種、導入する部署のニーズに合ったツールのみを厳選してご紹介します。 SaaS 業界に精通した専門家による最適なツールのセレクトにより、貴社のご担当者様がツールの比較検討
にかける時間と手間を大幅に削減します。
信頼性・安全性・セキュリティ面などの明確な基準を満たした高品質なサービスをご提案し、あらゆる職種の業務効率化に貢献します。
CONTACT

お問い合わせ・カタログダウンロード

Dropboxの導入・販売に関する
お問い合わせはこちら
Dropboxのカタログ
ダウンロード
pagetop